トラックファイブは高額査定?口コミと評判から徹底検証!廃車寸前でも部品取りしてくれるって本当?

トラックファイブの強みはトラック買取専門店だからこそできる高額査定

トラックファイブは北海道から九州まで全国展開しているので、日本国内ほとんどの地域で利用することが可能です。

さらに即日訪問での査定、即日現金買取にも対応しています。

とはいえ、

  • 高額買取といってもいくらくらいなのか?
  • 本当に他社より高く買い取ってくれるのか?

というのは気になるところですよね。

トラックファイブについて、口コミや評判から徹底的に調査しました。

トラックファイブの口コミ・評判から買取額を調査

マフラーまで落ちてもう廃車寸前でした。それでもしっかり見てくれて、部品取りくらいには使えるということでスムーズに買取が進みました。価格は1万くらいになりました。廃車にするにもお金がかかるので、その費用がなくなっただけ良かったです。スタッフ対応にも問題なく、不満はありませんでした。その後にしつこいセールスがあるものでもなく、使い勝手がよいものでした。

職場で使用している「トヨタ ダイナ」を買い替える為に査定に出しました。15年落ちで廃車寸前でしたが5万で下取りしてくれることになりました。

昔祖父が農業をやっていたため、家に長年使用していないクボタのコンバイントラクターがあり売却することにしました。ネットで評判も良かったのでトラックファイブを利用しましたが、事前見積りから査定までスムーズでした。10~20馬力のコンバイントラクターを10万円で引き取ってくれました。古いものだったので売れただけでもありがたくとても満足しています。

主に仕事で使用していた平成11年のハイエース(走行距離30万キロオーバー)が下取り価格30万円と言われ大変満足しました。他にもみてもらったのですが、ここほど高い価格を出してくれたところはなかったです。

口コミから分かったことは、トラックファイブは

  • 他よりも買取額が高かった
  • 廃車寸前でも買い取ってくれた

ということが分かりました。

廃車寸前のトラックでも部品取りで買い取ってくれているので、どうせ売れないと諦めずに査定に出してみてはいかがでしょうか?

本来は廃車費用でお金を支払うはずだったものが数万円もらえることになったらありがたいですよね。

査定だけならもちろん無料ですし。

買取額は業界でも最高水準なのでその点も安心して良いかと。

トラックファイブの公式サイトには、他店より1円でも安い場合は相談してくださいと記載されています

まさにトラック専門買取界のヤ○ダ電気的存在?

トラックファイブが高額で買い取ってくれる理由

トラックファイブの買取額が高いのにはちゃんとした理由があり、けっして怪しくないので大丈夫です。笑

  • 直営店のみなので代理店への中間マージンがない
  • 全国に拠点があるため査定士の出張経費が抑えられる
  • 買取った車は即リユースのため在庫管理のコストなし
  • 会社の方針が薄利多売

もう少し詳しく説明します。

トラックファイブは直営店のみで全国に拠点あり

全国に拠点があることで代理店などに頼まずに自社内で完結し、査定時の出張費もかからないので、そのぶん買取額に上乗せできるのが大きな理由です。

あいだに代理店が入っていたり遠くから出張しての査定になるとその分コストがかかるので、どうしても買取額が安くなってしまいます。これは買取業者にはありがちです。

本なども古本屋に売るよりもメルカリなどで買いたい人に直接売った方が高く売れるのと似た理由です。

ただ、トラックなどの場合は個人で買いたい人を見つけるのが難しいですし、大きなトラブルが起こりかねないので専門店に売ることをオススメします。

買った車は即リユースできる

トラックファイブは買い取った車をすぐにリユースできる仕組みを作っているので、在庫管理のコストがかからないぶん買取額に上乗せできます。

このように、できるかぎり経費やコストを抑えることにより買取額を高くすることができるのです。

これは全国に拠点をもちながら、独自の仕組みを作っているトラックファイブならではの強みです。

会社の方針が薄利多売

あと大きい理由としては、会社の方針が薄利多売なこと。

買取額を高くして会社の利益を少なくしても、その分たくさん車を買ってリユースすることで採算をとろうとしています。

だからこそ「他店の方が1円でも高かったら相談してください」とまで言って買い取っているのだと思います。

高く買ってくれるのは我々売り手にとっては非常にありがたいですし、トラックファイブ側としても買取額を上げているぶん、色々な人から買える可能性があるというwin-winな関係を築ける良いシステムです。

トラックファイブの査定から買取までの流れは以下の記事をご確認ください。

>>トラックファイブの無料査定申込から買取までの流れ

トラックファイブってどんな会社?

トラックファイブは設立から18年ほどで買取台数の累計は60万台以上、買取額の累計は500億円突破という実績があります。

平均すると年間の買取額は27億円以上になります。

この数字はトラック買取専門業社のなかでもトップクラスです。

さきほども説明しましたが、トラックファイブは全国に拠点をもち、代理店などを通さないことで買取額をできる限り高くする仕組みを作っています。

トラックファイブの会社概要

運営元株式会社ZEAL.G・P
本社所在地〒323-0807 栃木県小山市城東1-5-23
創業平成15年10月27日
資本金1000万円
代表取締役上村 義行

トラックファイブ運営する株式会社株式会社ZEAL.G・Pは、トラック買取の他にも自走不能な車両や特殊車両の運搬(回送事業)なども行っています。

その中の事業のひとつがトラック専門買取のトラックファイブで、全国にフランチャイズ展開しています。

トラックファイブの拠点などは以下の記事をご覧ください。

>>トラックファイブの対応エリアはどこ?全国どこでも査定してもらえるの?

トラックファイブのデメリット

トラックファイブのデメリットとしては、軽トラックは買取ってもらえないこと

また、小型の農業機械も買取対象外です。

これ以外には基本的にデメリットという部分はなく、いくつかの買取会社から相見積もりをとるとしてもトラックファイブは無料査定をしてもらうべきトラック買取業社です。

トラックファイブで買取可能な車種などの詳細はこちらの記事をご覧ください。

>>トラックファイブで買取対象の車種や種類ってどんなの?

トラックファイブの口コミ・評判のまとめ

トラックファイブはトラック専門買取業者のなかでも高額で買い取ってくれる可能性が高いので、無料査定は受けておくべきです。

また、他店の方が1円でも高かったらご相談くださいと言っているので、他の買取業者と相見積もりをとる方法もありかもしれませんね。

即日の査定と即日現金化に対応してくれるスピード感もトラックファイブのうりなので、スピード重視の場合にもぴったりかと。

廃車寸前でも諦めないで、まずは無料査定をしてもらってみてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました